悩みから抜け出す方法【メタ認知】

悩みから抜け出す方法【メタ認知】

Pocket

悩んでいると、同じことをグルグルと考えていたり、出口のないトンネルの中にいるような感覚になることはありませんか。

もしかしたら、それは悩みに囚われている状態かもしれません。

悩みに囚われている状態

私達は、悩みの中にいる時は、視野が狭くなって、悩みを客観的に見れなくなってしまいます。

次の図を見てください。

悩みの中にいる

このように悩みの中に自分自身が入っていると、悩み自体を客観的に見ることが出来なくなってしまいます。

感情的にも苦しくて、悩みに押しつぶされそうな気持ちになるかもしれません。

悩みと自分自身が一体化して、悩みに囚われている状態です。

悩みの外にいる状態

一方で、悩みの外にいる状態というのは次のような状態です。

悩みの外

悩んでいる自分を外から客観的に見ている状態です。

このように悩みの外から自分の悩みを見つめられると、悩み全体を客観的に見ることができるようになります。

こうすることで自分自身も悩みから離れることが出来て、感情的にも少し楽になります。

メタ認知

このように「悩んでいる自分」を見ることを心理学では『メタ認知』と呼びます。

メタ認知は悩みを解決するための重要な心の機能です。

もし、何度も同じことをグルグル考えてしまって悩みに囚われているのであれば、もしかしたら「メタ認知」が上手くいっていないのかもしれません。

悩みから抜け出す方法

では、悩みに囚われている状態から、悩みの外にいる状態(メタ認知)になるためにはどうのようにしたら良いでしょうか。

メタ認知を活性化させる良い方法は、悩んでいる自分を表現することです。

悩んでいる事を日記などに書いてみるのも良いですし、誰かに話しを聞いてもらうことも良いです。カウンセリングもメタ認知を高める良い方法です。

自分を表現するとなぜメタ認知が進みやすいのかというと、表現したものは自分で客観的に見る事ができるからです。

例えば悩んでいる事を日記に書くと、このようになります。

メタ認知日記

日記に書いた「悩んでいる自分」を読み返して見ることで、「悩んでいる自分を見る」という体験ができます。

悩みを聞いてもらうのも同じで、色々と話す中で「こういうことなの?」と相手から確認されたり質問されたりすることを通して、「ああ、私はこういうことで悩んでいるんだなぁ」と自分の悩みを客観的に見る事ができるようになるのです。

 

メールカウンセリングでは、自分で書いた文章を読んでメタ認知を進めることも出来ますし、返信された文章を読んでメタ認知を進めることも出来ます。もしなかなか悩みから抜け出せない時はメールカウンセリングをご利用ください。

臨床心理士の心理カウンセリング

大切なことを相談する方法。メールカウンセリング。

手軽に無料相談。こころの質問箱。



お知らせ

初めての方へ

相談の流れ

カウンセラーの紹介


おすすめ記事セレクション

1.悩みから抜け出す方法【メタ認知】

2.うつ病と、落ち込むことの違い

3.アドラー心理学の記事まとめ


ツイッター・Facebookで最新記事を読む






《メールカウンセリングは、こちら》


kusa_mail

Pocket