1. 子どもが寝ぼけて泣いたり怖がったりしたときの対処法

子どもが寝ぼけて泣いたり怖がったりしたときの対処法

Pexels / Pixabay

こんにちは。
臨床心理士の高橋です。

 

子どもは、
寝ている時に、
急に、泣いたり、怖がったり
することがあります。

 

夢を見ているみたいで、
夢の中のことを言ったり、

親が声をかけても、
寝ぼけている様子で
なかなか泣き止まなかったりすると、

心配してしまいますよね。

 

そのようなことがなぜ起こるのか

またそのような時にどうしたらよいのか

このコラムでお伝えいたします。

夜驚症

子どもが睡眠時に、
急に泣いたり、
叫んだりする現象のことを

「夜驚症」

と呼びます。

 

「夜驚症」という名前がつくと、
心配になるかもしれませんが、

多くの場合は、
特別な治療は不要で、
2〜3ヶ月程度で、頻度も少なくなり、
成長とともに自然と治ります

 

夜驚症が起こる理由

なぜ「夜驚症」が起こるのかというと、

脳の中の
睡眠と覚醒を調整している部分
未発達のため、

半分だけ目が覚めた状態になり、
怖い夢をみながら体が動く
と考えられています。

そのため、
年齢が8歳以上にになり、
脳が十分に発達すると、
自然と起きにくくなります。

起こった時には、どうしたらよいか

夜驚症が起こり、
急に泣いたり騒いだりした時には、

危険がないように側にいて、
やさしく声をかけるなどしながら、
落ち着くのを待ちましょう。

そうしていると、
だいたい2〜3分程度
長くても10分以内には、
ほとんど落ち着いていきます。

無理に目を覚まさせたり、
押さえつけたりする必要はありません。

走り回ったりする時も、
無理に止めようとせずに
ぶつかりやすいものを片付けるなど、
危険がないように環境の方を調整しましょう。

 

ストレスや精神的なショックの影響は?

8歳以前に起こるものであれば、
脳の未成熟のために起こるものですので、

ストレスや精神的なショックについては、
あまり気にしなくても大丈夫でしょう。

ただし、
明らかに過度のストレスや
ショック体験をしているのであれば、
夜驚症かどうかに関係なく
心理的な配慮は必要になります。

また、
8歳以降にもし起こるとすれば、
精神的なショックを受けていないか、
注意深く見直してみる必要があります。

心理的なショックが思い当たるようであれば、
学校や保育園の心理専門職や、
自治体の保健師さんに
一度、相談するようにしましょう。

医療機関への受診が必要なケース

一般的な夜驚症の場合は、
成長とともに自然と治っていきますので、
受診の必要はありません。

ただし、
以下のような場合は、
夜驚症以外の病気が隠れていたり、
医療的な治療が有効な場合がありますので、
お近くの小児科に受診するようにしましょう。

  • 発熱やけいれんなど、それ以外の症状がある。
  • 寝ている時だけではなく、覚醒している時も起こる
  • 一晩のうちに、何度も起こる
  • 10分以上経過しても治らない
  • さらに危険なことや、別の問題に発展する
  • 家族が対応に追われて困っている

またこれに該当しない場合でも、
心配であれば、

かかりつけの小児科や、
学校・保育園などのカウンセラー、
自治体の保健師さん

などに相談してみるとよいでしょう。

 

*参考文献:〜子どもによくみられる症状〜 「夜驚症・夢中遊行症」


執筆:臨床心理士 髙橋雄太
この臨床心理士に相談する