1. うつ病とは?治療・カウンセリング・再発の予防について

うつ病とは?治療・カウンセリング・再発の予防について

Free-Photos / Pixabay

うつ病とは、

落ち込んだり、気力が湧かなくなる

病気です。

うつ病は一般的

うつ病になる人は、
比率にすると、
およそ10人に1人と言われていています。

実はかなり一般的な病気なのです。

 

うつ病の症状

うつ病の主な症状は

  • 気分の落ち込み
  • 気力の低下

です。

 

どちらもある人もいれば

「落ち込みはないけども、気力が湧かない」

など、どちらかだけの人もいます

 

この主な症状に加えて

  • 睡眠の変化
  • 食欲の変化
  • 思考力の低下
  • 自殺を考える

など症状が組み合わさったものが
「うつ病」と言われています。

 

うつ病の治療とカウンセリング

うつ病の治療は

休養」と「薬による治療

が基本です。

 

それに、追加して
「心理カウンセリング」を行うと、

うつ病の治療効果が高まることが
わかっています。

うつ病の再発とカウンセリングの再発予防効果

うつ病は、一度良くなっても
再発しやすい病気です。

カウンセリングでは、
うつ病になったきっかけを振り返り、
同じようにならないためにどうするか
一緒に考えるということを行います。

そのため、
カウンセリングはうつ病の再発率を低下させる
効果もあるのです。

 

関連記事:うつ病と、落ち込むことの違い

関連記事:うつ病と『死別の悲しみ』との違い・見分け方


執筆:臨床心理士 髙橋雄太
この臨床心理士に相談する