うつ病と、落ち込むことの違い

うつ病と、落ち込むことの違い

Pocket

私達は、嫌なことや、ショックな事があると、落ち込みますね。

「落ち込んで暗い気持ちになる」というのは、人間の自然な感情の1つです。

ですが、落ち込んだ気持ちは通常、時間の経過とともに少しづつ癒やされていきます

関連記事:うつ病と『死別の悲しみ』との違い・見分け方

どんなに落ち込む出来事があったとしても、2週間も経てば、気持ちが少し楽になる時間ができるようになりますし、食欲も出て、夜も眠れるようになります。

もちろん、たまに思い出して、また落ち込んだり、悲しくなったりすることはありますが、ずっと一日中、毎日落ち込んでいる状態が2週間以上続くということはめったにありません。

 

なぜなら、人間には困難から自分を立て直す力(=レジリエンス)が備わっているからです。

悲しんだり暗くなったりすることも、自然なことですし、
それが時間とともに立ち直っていくことも、自然なことです。

 

しかし、うつ病になると、この「自分を立て直す力」が効かなくなります

落ち込んだらずっと落ち込みっぱなし。
物事をなんでも悪い方向に考えるようになって、気力もどんどん下がっていきます。

 

うつ病は精神疾患の一種です。

身体の病気が自然に治らないことと同じく、うつ病も放っておいて良くなることはありません

うつ病ならば、医療機関でしっかりと治療することが必要になるのです。

うつ病のチェックリスト

以下の項目はアメリカ精神医学会のうつ病の診断基準を、少しわかりやすくして書いたものです。

このチェックリストの5つ以上の項目が2週間以上続いているようなら、うつ病の可能性があります。メンタルクリニックなどの受診を強くおすすめします。

  1. ほとんど毎日、ほとんど1日中、気分が落ち込む
  2. ほとんど毎日、ほとんど1日中、興味や喜びが感じられなくなる
  3. 著しい体重の変化、または食欲の低下、または食欲の増加
  4. 眠れないことや、または寝すぎてしまうことが、ほとんど毎日ある
  5. ソワソワすることや、または動きが止まったりする状態が、ほとんど毎日ある
  6. 疲れた感じや、気力がない感じが、ほとんど毎日ある
  7. ほとんど毎日、自分に価値がないと感じたり、または罪悪感を感じたりする
  8. 思考力や集中力の低下、または物事を決断することが難しい状態がほとんど毎日ある
  9. 死について何度も考える。

(参考:アメリカ精神医学会診断基準DSM-Ⅳ-TR)

 

当サイトでは、医学的な診断や治療はできませんが、困っていることや辛いことを心理学の専門家:臨床心理士に相談することはできます。

もし良ければメールカウンセリングも利用してみてくださいね。

関連記事:うつ病と『死別の悲しみ』との違い・見分け方

関連記事:うつ病 まとめ記事


臨床心理士の心理カウンセリング

大切なことを相談する方法。メールカウンセリング。

手軽に無料相談。こころの質問箱。



お知らせ

初めての方へ

相談の流れ

カウンセラーの紹介


おすすめ記事セレクション

1.悩みから抜け出す方法【メタ認知】

2.うつ病と、落ち込むことの違い

3.アドラー心理学の記事まとめ


ツイッター・Facebookで最新記事を読む






《メールカウンセリングは、こちら》


kusa_mail
Pocket