ノースカロライナの自閉症支援

ノースカロライナの自閉症支援

Pocket

1年ほど前に、アメリカのノースカロライナ州へ視察に行った方のレポート聞いたんです。

 

ノースカロライナは、街全体で自閉症の方の支援をしているんですね。

どういうことかというと、学校から就職先まで、すべて一貫した仕組みで、自閉症支援をしているのです。

例えば、青いラインの先を歩いて行って物を運べば良いとか、そんな感じで、自閉症の方にもわかりやすい決まりごとを作って、その通りに出来るように、子どもの頃から育てるんです。

そして大人になってからも、その決まりで仕事が成り立つようなっている。

街全体がそういうシステムになっているらしいのです。

そうすることで、学校を出た後の、自閉症の方の就業率がものすごく良いらしいです。(うろ覚えなのですが、確か90%を超えていたような…)

 

これって本当にすごいことですよね。

社会の仕組みさえしっかり整えれば、自閉症の方でも社会適応できるということが実際の社会で実現されているわけですから。

 

でも、この情報がネット上では見当たらないんですよね。「ノースカロライナはすごい」みたいな話はポツポツあるのですが、少なくとも日本語では確かなデータとか事例が見つからない…。

私のうろ覚えの記憶では、ちょっと頼りなさすぎなので、詳しく書いてありそうな本を買ってみました。

届いたら紹介するので、お楽しみに〜。

*追記:書きました!
ノースカロライナの自閉症者への就労支援がすごすぎる話


臨床心理士の心理カウンセリング

大切なことを相談する方法。メールカウンセリング。

手軽に無料相談。こころの質問箱。



お知らせ

初めての方へ

相談の流れ

カウンセラーの紹介


おすすめ記事セレクション

1.悩みから抜け出す方法【メタ認知】

2.うつ病と、落ち込むことの違い

3.アドラー心理学の記事まとめ


ツイッター・Facebookで最新記事を読む






《メールカウンセリングは、こちら》


kusa_mail
Pocket