【2分で理解】気持ちの上がり下がりが激しくなる「躁うつ病/双極性障害」の原因・メカニズム

【2分で理解】気持ちの上がり下がりが激しくなる「躁うつ病/双極性障害」の原因・メカニズム

Pocket

躁うつ病(=双極性障害)の 心理的な原因・メカニズムは、
気分を保つ機能の低下です。

*躁うつ病/双極性障害の特徴についてはこちら

 

正常な気分の変化

この図を見てください。

8326EA04 D11B 4E10 96D0 97B01F02552C 1 2048x1536 oriented

これは正常な気分の上がり下がりを示した図です。

黄色い線が、気分の波。
上に行けば行くほど、ハイテンションになり、下に行けば行くほどローテンションになります。

真ん中の黒い線は、「普通」の気分の位置です。

上下の青い線が、気分を一定に保つこころの機能です。

 

健康な人でも、気分の上がり下がりがありますね。

楽しいことがあれば、テンションが上がるし、

疲れたり、嫌なことがあれば、テンションは下がります。

 

けれども、健康な人は、
この青いラインに気分が近づくと
自動的に逆の方向に気分を戻そうとする働きが現れます。

8326EA04 D11B 4E10 96D0 97B01F02552C 1 2048x1536 oriented 2

この心の機能によって、
青いライン以上に気分が上がりすぎたり、
逆に下がりすぎたりすることがなく、

日常生活を送ることができているのです。

 

躁うつ病の気分の変化

一方で、躁うつ病/双極性障害の方の気分の変化は、次のようなものです。

33C52DE8 E696 49DC ACA3 82C7FFEA9145 1 2048x1536 oriented
気分を一定に保つ機能(青い線)が、低下しているので、
気分が飛び抜けてしまうのです。

 

突然ですが、「エネルギー保存の法則」を覚えているでしょうか?

一方向に力が加わると、それを止める力がない限り、ずっとその方向に物体が動きづつけるという法則です。

 

実は気分にも、これと同じことが言えます。

 

例えば、テンションが上がって楽しくなると、楽しいことをしたくなりますよね。

そして楽しいことをすると、もっと楽しくなります。

こんな風にして、楽しい気持ちは、どんどん膨れ上がっていきます。

 

逆に、落ち込んだ時も同じです。

テンションが下がると、気持ちが落ち込みますよね。

そうして落ち込んでいると、さらに落ち込みます。

こうやって、落ち込んだ気持ちは、どんどん落ち込んでいくのです。

 

つまり、躁うつ病/双極性障害の人は、気分がどちらかの方向に向かうと、止まることを知らずに、どんどん加速してしまうのです。

33C52DE8 E696 49DC ACA3 82C7FFEA9145 1 2048x1536 oriented 2

次回は、躁うつ病/双極性障害の治療・カウンセリングについてお伝えします。


臨床心理士の心理カウンセリング

大切なことを相談する方法。メールカウンセリング。

手軽に無料相談。こころの質問箱。



お知らせ

初めての方へ

相談の流れ

カウンセラーの紹介


おすすめ記事セレクション

1.悩みから抜け出す方法【メタ認知】

2.うつ病と、落ち込むことの違い

3.アドラー心理学の記事まとめ


ツイッター・Facebookで最新記事を読む






《メールカウンセリングは、こちら》


kusa_mail
Pocket