1. 発達障害と愛着障害の理解と対応:概要

発達障害と愛着障害の理解と対応:概要

Bess-Hamiti / Pixabay

*当記事は、2018年に小学校で行った教員向け研修会の内容を、ネット向けに加筆・修正したものです。基本的には「通常級では対応に工夫が必要だけれども、支援級に行くほどではない」という、軽度の障害についてお伝えしています。

概要

子どもに発達障害や愛着障害の傾向があると、
学習がうまくいかなかったり、
生活上のトラブルが生じることがあります。

なぜそのような問題が起こるかは、
それぞれの障害によって理由が異なります。

それぞれの特徴を理解して、
特徴にあった対応をすることが大切です。

 

 

この記事では、
以下の5つの障害の
「理解」と「対応」について
簡単にお伝えします。

  • 知的障害
  • 学習障害
  • 自閉症スペクトラム
  • ADHD
  • 愛着障害

なお各障害は合併することがあります。

合併した場合は、
それぞれの特徴に配慮した対応が必要です。

 

次の記事はこちら
知的障害の理解と対応


執筆:臨床心理士 髙橋雄太
この臨床心理士に相談する