1. アドラー本まとめ『生きるために大切なこと』

アドラー本まとめ『生きるために大切なこと』

こんにちは。臨床心理士の高橋です。

この記事では、アルフレッド・アドラーの著書『The Science of Libing』を、私なりにまとめたものを公開します。

まとめ元の本

この本は、日本語訳では、岸見一郎氏が翻訳をした『個人心理学講義―生きることの科学』と、桜田直美氏が翻訳をした『生きるために大切なこと』として、出版がされていますが、この記事では、後者の『生きるために大切なこと』を読みまとめを作成しました。

ざっくりと読み比べをした私の感覚では、桜田氏翻訳版の『生きるために大切なこと』の方が読みやすい翻訳になっており、アドラー心理学の入門として読むとすれば、こちらの方が適しているように感じています。(どのように違うものか、読み比べてみるのも面白いかもしれないですね)

この記事は、あくまでも私なりのまとめですので、よりしっかりとアドラー心理学を学びたい方は、元の本を読まれることをオススメします。

 

 

本の目次とリンク

(リンクのないものは、これから作成する記事です)

  1. 生きることの科学
  2. 劣等コンプレックスとは何か
  3. 優等コンプレックスとは何か
  4. ライフスタイル
  5. 幼少期の記憶からわかること
  6. 態度と体の動きからわかること
  7. 夢とその解釈
  8. 問題を抱えた子供と教育
  9. 社会に適応するということ
  10. 共同体感覚、コモンセンス、劣等コンプレックス
  11. 恋愛と結婚
  12. 性とセックスの問題
  13. 結論

 


執筆:公認心理師(臨床心理士) 髙橋雄太

この公認心理師(臨床心理士)に相談する