ADHDとは(注意欠陥多動性障害)2つの特徴

ADHDとは(注意欠陥多動性障害)2つの特徴

Pocket

こんにちは。臨床心理士の高橋です。

この記事では、ADHD(注意欠陥多動性障害)の特徴について簡単にお伝えしますね。


 

ADHDとは

ADHDとは、発達障害の一種です。

①注意集中に難しさある
②衝動を抑えにくい

という二つの特徴があります。

この二つの特徴は、両方ある場合もあれば、どちらか片方だけの場合もあり、その特徴の強さも人それぞれです。

 

注意集中の難しさ

必要なことに注意が持続できないことで、勉強や仕事や日常生活に支障が出てしまいます。

例えば、
授業や仕事で、指示を聞くことができずに理解できなかったり
片付けの途中で、別のことが気になって、やりっ放しになったり

忘れ物が多かったり、うっかりミスが多かったりすることも、よくあります。

 

この傾向が強い人のことを、ドラえもんのキャラクターに例えて、「のび太タイプ」と言ったりもします。

暴れたり、教室を飛び出したりはしないのだけれども、いつもぼーっとしていて、話を聞いていなかったり、忘れ物が多かったりするタイプです。

この傾向だけだと、人に迷惑をかけることはあまりないので、「のんびりした子」と見過ごされることも。

衝動を抑えにくい

一方、ADHDのもう一つの特徴である、衝動を抑えられない傾向は、「ジャイアンタイプ」と言われたりします。

思いついたらパッと行動してしまって、人のものを勝手に使ってしまったり、人のしていることによく考えずに口出ししてしまいます。

「お前のものは俺のもの、俺のものは俺のもの」という名ゼリフがありますが、そういうガキ大将的な考えがある訳ではなくて、触りたいなーと思った瞬間に触ってしまうのです

この傾向は、「多動性」と言うこともあります。

じっとできず身体をソワソワ動かしたり、歩き回ってしまったり、しゃべりすぎてしまったり、順番が守れなかったり、といった特徴として現れることもあります。

 

悪気はない

重要なことは、これらの特徴は、本人の意思とは無関係に「そうなってしまうこと」だということです。

ADHDの原因は、まだはっきりとはわかっていないのですが、性格や態度の問題ではなくて、脳の働きが関係していると考えられています。

決して、ふざけていたり、悪気があるわけではなくて、本人もどうしようもなくそうなってしまうのですね。

「困った子」ではなくて、その子自身も「困っている子」と理解すると良いかもしれません。

 

「ADHDかも」と思ったら

「もしかしたらADHDかも…」と思ったら、専門家に相談すると良いでしょう。

学校であればスクールカウンセラーに相談すると良いですし、病院であれば児童精神科という診療科で、ADHDは見てもらえます。

一人で抱え込まずに、思い切って相談してみてくださいね。


臨床心理士の心理カウンセリング

大切なことを相談する方法。メールカウンセリング。

手軽に無料相談。こころの質問箱。



お知らせ

初めての方へ

相談の流れ

カウンセラーの紹介


おすすめ記事セレクション

1.悩みから抜け出す方法【メタ認知】

2.うつ病と、落ち込むことの違い

3.アドラー心理学の記事まとめ


ツイッター・Facebookで最新記事を読む






《メールカウンセリングは、こちら》


kusa_mail
Pocket