ADHDは大人になったら治るって本当?

ADHDは大人になったら治るって本当?

Pocket

こんにちは。臨床心理士の高橋です。

「大人になったらADHDが治るって本当ですか?」

と質問を受けることがあります。

 

確かに、小学校低学年の頃は教室を飛び出して仕方がなかったのに、高学年になるにつれて少しずつ落ち着いてくるというケースは少なくありません。

けれども一方で「発達障害は治らない」という話も良く耳にしますよね。

 

今日は、この疑問についてお伝えしますね。

 

一般的な不注意や衝動性

ADHDの特徴は、不注意や衝動性でしたね。

ADHDとは(注意欠陥多動性障害)2つの特徴

 

けれども、不注意や衝動性はADHDだけの特徴ではありません。ADHDでなくても、誰だって少しは集中できないこともあれば、うっかりしてしまうこともありますね。

そして、こうした一般的な不注意や衝動性は、特に年齢が低ければ低いほど強くなるものです

小さい子どもは、パッと手が出やすかったり、じっとしていることが難しいことが普通です。やたらめったらジャンプしたり、走り回ったりしますよね…。それが、子どもです。

 

年齢と活動量

ADHDだろうと、そうでなかろうと、子どもは活発に動きまわります。

そして、大人になるにつれて、その活発さは少しずつ弱まっていきます。

 

これは、年齢と活動量の関係として、下の図のように表すことができます。(グラフの値は適当です)

年齢と活動量のグラフ

年齢が上がるにつれて、活動量が下がるんですね。

走り回って遊ぶ子どもはよくいますが、走り回って遊ぶ大人はまずいないですよね。大人の落ち着きというやつです。

ちなみに、高齢になると活動量がさらに下がって、健康でも外に出たり人に会うのが億劫になることが、高齢者の研究でわかっています。

 

ADHDでも、活動量は下がる

年齢と活動量の関係は、ADHDでも同じです。

ADHDがあったとしても、年齢が上がるにつれて活動量は下がります

そうすると、ADHDの特徴はそのままでも、加齢とともに活動量が下がることで走り回ったりすることが少なくなります。

一見するとADHDが治ったかのように見えるのです

 

不注意・衝動性はある

けれども、それはADHDが治った訳ではなく、活動量が下がったことで落ち着いただけです。

ADHDの特徴である不注意・衝動性はそのまま残っているので、

  • ミスが多い
  • 話を最後まで聞けない
  • 片付けができない
  • 怒ると手が出てしまう

…などの特徴は、残るのです。

 

大人になっても、工夫や配慮が必要

周りからしてみれば、小さい頃ほどの大変さはないかもしれませんが、それは決してADHDが治った訳ではありません。

小さい頃のような激しさが落ち着く分、うまく出来ないことを周りも自分自身も理解できず、気持ちが落ち込んだり、辛くなったりする場合もあります。

そのため、成長して激しい行動が落ち着いたとしても、ADHDの特徴を理解して、自分自身で工夫をしたり、周囲の人に配慮を求めたりすることが大切なのです

困った時には抱え込まないで、臨床心理士や発達障害を診れる精神科に相談してみてくださいね。

臨床心理士の心理カウンセリング

大切なことを相談する方法。メールカウンセリング。

手軽に無料相談。こころの質問箱。



お知らせ

初めての方へ

相談の流れ

カウンセラーの紹介


おすすめ記事セレクション

1.悩みから抜け出す方法【メタ認知】

2.うつ病と、落ち込むことの違い

3.アドラー心理学の記事まとめ


ツイッター・Facebookで最新記事を読む






《メールカウンセリングは、こちら》


kusa_mail

Pocket