1. 福島県の室内遊び場「ペップキッズこおりやま」で子育て相談をしています

福島県の室内遊び場「ペップキッズこおりやま」で子育て相談をしています

こんにちは。臨床心理士の髙橋雄太です。

今日は、福島県の支援活動の一つで、「ペップキッズこおりやま」という室内の遊び場に行ってきました。

 

 

ペップキッズこおりやまとは?

「ペップキッズこおりやま」とは、

東日本大震災と福島原発事故の後に、子どもたちが安心して遊べる場所を提供するというコンセプトで作られた室内遊び場です。

ペップキッズこおりやま:福島県ホームページ

郡山市元気な遊びのひろばPEP Kids Koriyama:郡山市ホームページ

身体を大きく動かして遊ぶということは、子どもにとっては、成長に欠かせない大切な要素です。

それが制限されることで、子どもにとって大きなストレスになったり、肥満や発達など健康に影響することが懸念されます。

そういった状況を解消するために、室内でも外のように遊べる場所として作られた施設が、このペップキッズです。

 

子育て相談

子育て相談は、このペップキッズで、月3回行われています。

12:00〜15:30の時間、心理学の専門家である臨床心理士が、ペップキッズの中で声をかけて回っています。

この子育て相談は郡山市の委託事業でハートフルハート未来を育む会というNPO法人が行なっています。

月3回のスケジュールは、

基本的には

  • 第一月曜日
  • 第三月曜日
  • 第三土曜日

に行なっていますが、

詳細はハートフルハートのホームページに載っていますので、ぜひご覧ください。

支援カレンダー:ハートフルハート未来を育む会

 

 

子育て相談の内容

具体的な相談内容は、守秘義務がありますので、お伝えすることはできないのですが、

放射線関連の相談に限らず、一般的な子育てのことについても、ご相談いただけます。

たとえば、

「イヤイヤが強くて、どう対応したらいいか」

「トイレットトレーニングはいつからがいいか」

「なかなか夜泣きが収まらない」

などといったものでもご相談いただけます。
(すべて私の子どもの例です笑)

 

「ペップキッズ」も「子育て相談」も、どなたでもご利用いただけますので、近くにお住いの方や、長期休暇などで帰省された時は、お気軽にご利用くださいね。

またお知り合いの方で、遊び場や相談の場でお困りの方がいらっしゃれば、ぜひご紹介ください。


執筆:臨床心理士 髙橋雄太
この臨床心理士に相談する