1. 心理カウンセリングとは?

心理カウンセリングとは?

StockSnap / Pixabay

「心理カウンセリング」

と聞いて、
どのようなことが思い浮かぶでしょうか?

・悩みの相談…?
・話を聞いてもらえる…?
・気持ちの整理…?
・心理テスト…?
・心が読まれる…?
・自分を変えれる…?
・占い…?
・スピリチュアル…?

などなど、
思い浮かぶかもしれません。

この記事では、

心理カウンセリングとはいったい何なのか

ごく基本的なところについて
紹介したいとおもいます。

心理カウンセリングの意味

実は

「心理カウンセリグ」

の呼び方は、

他にも色々とあります。

 

単に

「カウンセリング」

と呼んだり、

「心理療法」

と呼んだり

「サイコセラピー」

と呼んだり。

 

その言葉の意味については
専門家の中では
微妙に違ったりするのですが、

この記事では、
専門的な
細かい違いは置いておいて

悩みや不安など「心のこと」について
心理学の専門家に相談をし
解決のための援助を受けること

を全てまとめて

「心理カウンセリング」

と呼ぶことにします。


あなたに合った講座があるかも?
心理カウンセラー講座を比較。

心理カウンセリングの歴史

「心理カウンセリング」
と呼ばれるものは、

世界的にみても、
100年ちょっと前くらいから出てきた

比較的、新しい人間の営みです。

 

心理カウンセリングの
ベースにあるものは、

「臨床心理学」

という学問。

 

「臨床心理学」とは

心のことを解明し、
困っている人の役に立てよう

とする学問のことを言います。

 

たまに「カウンセリング」と聞くと
占いや精霊・オーラなどの
いわゆるスピリチュアル的なものと
一緒にされることもありますが、

非科学的なものとは
基本的には別のものである

と
考えてよいです。

心理カウンセリングをする人

心理カウンセリングをする人のことを

「心理カウンセラー」

と呼びます。

 

ただし、日本では、

誰でも心理カウンセラーを
名乗ることが出来てしまう

ので、注意が必要です。

例えば、
スピリチュアルカウンセラーのような
非科学的なカウンセラーも
心理カウンセラーと名乗っています。

 

また「心理カウンセラーの資格」も
民間の資格がたくさんあって

ほぼ素人でも取れる資格もある

ので、こちらも注意が必要です。

 

ですので、

資格を持っているから安心ではなくて、

質の高い資格について知る必要ががあります。

質の高い心理カウンセラーの資格

臨床心理士

日本の民間資格の中で

最高レベルの心理の資格は

「臨床心理士」

という資格です。

 

この資格を取るためには、

科学的な臨床心理学の理論と技法を

大学と大学院で6年間学ぶ必要があります。

 

昔からある資格で、

公的機関の信頼も厚く

病院などで働いている心理カウンセラーは

ほとんどこの資格をもって働いています。

公認心理師

一方で、2019年に初めて

心理カウンセラーの国家資格

である、

「公認心理師」

も産まれました。

 

こちらも、

大学と大学院または
大学院に相当する実習機関で

科学的な臨床心理学の理論と技法を
6年間学ぶ必要があります。

 

まだ出来たばかりですが

臨床心理士と同様に

質の高い心理カウンセラーの資格

になっていくでしょう。

 

心理カウンセリングを受けるなら

「臨床心理士」か「公認心理師」

どちらかの資格を持っていることを
確認することをお勧めします。

まとめ

まとめると

心理カウンセリングとは何か

次のように言えます。

  1. 心理カウンセリングとは、悩みや不安など「心のこと」について、心理学の専門家に相談し、解決のための援助を受けること。
  2. 心理カウンセリングは、科学的な学問による方法である。
  3. 心理カウンセリングを受けるなら、「臨床心理士」か「公認心理師」の資格を持つ、質の高いカウンセラーを選んだ方が良い。

 

ちなみに、
当サイトのカウンセラーは

「臨床心理士」と「公認心理師」
どちらの資格も持つ
臨床歴10年以上の心理カウンセラーです。

当サイトでも
メールカウンセリングを行っていますので
もしよろしければご利用ください。

メールカウンセリングはこちらから

あなたに合った講座があるかも?
心理カウンセラー講座を比較。

執筆:公認心理師(臨床心理士) 髙橋雄太

この公認心理師(臨床心理士)に相談する