やる気が出ない時の対処法

やる気が出ない時の対処法

Pocket

こんばんは。

臨床心理士の高橋です。

5月も中頃ですね。最近さっぱりやる気が起きません。

五月病かな?

 

ゴールデンウィーク周辺で、大きな仕事が終わったり、風邪をひいて寝込んだり、北海道に行ったり…と、まあいろいろとあったので、それでエネルギー切れになったのかもしれません。

カウンセリングとか、約束した仕事は問題なくやるんですけどねー。

ブログ更新とか、やってもやらなくてもいい仕事はエンジンかからないんですよね…。最小限で済ませたくなるというか。

と、まあ、私の話ばかり書いていてもアレなので、やる気が出ない時の対処法かいていきますねー。

 

やる気の出ない状態とは?

やる気の出ない状態っていうのは、心理学的にはあれですね。

エネルギー切れです。

単純に疲れているんですね。

「もう休め」とゴーストがささやいているのです。

(攻殻機動隊、新劇場版とか出てたんだ、知らなかった…見たいな)

 

休むのが一番

だからまあ、休むのが一番です。

エネルギーが切れたら充電しなければなりません、充電しましょう。

「充電期間」とか言うと、かっこよく休めます。

私ももう、何もしないでダラダラしたいですね。

I Love ダラダラ

 

ダラダラやる

それでも、まあ、やらなくちゃいけないことは、いろいろとありますよね。

休むのが一番だけれども、そうとは言っていられない時もあります。

そんな時は、ダラダラやるのが良いですね。

やる気が出ない時は、やる気が出ないなりにダラダラやるのです。

 

あ〜、やるか〜(´д`)ノ

みたいな感じ。

 

そうすると、まあ、無理なくやれますよ。

かっこよく言うと、「省エネモード」というやつです。

…特にかっこよくはないですね。

 

雑なまとめ

ということで、やる気が出ない時は、休むのが一番ですし、休めない時はダラダラやりましょー(´д`)ノ


臨床心理士の心理カウンセリング

大切なことを相談する方法。メールカウンセリング。

手軽に無料相談。こころの質問箱。



お知らせ

初めての方へ

相談の流れ

カウンセラーの紹介


おすすめ記事セレクション

1.悩みから抜け出す方法【メタ認知】

2.うつ病と、落ち込むことの違い

3.アドラー心理学の記事まとめ


ツイッター・Facebookで最新記事を読む






《メールカウンセリングは、こちら》


kusa_mail
Pocket