[うつになる前に]仕事を休むべき3つの理由

[うつになる前に]仕事を休むべき3つの理由

Pocket

臨床心理士の高橋です。

普段は企業にうかがって
働く方のメンタルヘルス相談を受けています。

特に多いのは、うつのカウンセリング。

うつになり休職した方の復職支援や、
復職後も再発を予防する従業員支援プログラムなどをやっています。

その中で、私がクライエントによく伝えていることは
「休むことも大切ですよ」
ということ。

ここでは、その理由を3つお伝えします。

①エネルギー切れが、うつのきっかけになる

休まずに働き続けると、
エネルギーが切れます。

「疲れ」というのは、
「エネルギーが切れそうだから、休みなさいよ」
という身体からのメッセージです。

 

それでも頑張り続けると、
「気力の低下」
がおきます。

何事に対しても、やる気が出なくなります。

これは「エネルギー切れ」です。
「もう動けません」と身体が言っているのです。

 

もう動けないので休むしかないのですが、
ここでもさらに頑張ろうとすると、

「うつ」になります。

 

動けない、
けど、休めない
けど、動けない
けど、休んではいけない
けど、動けない…

と、頭の中で、ぐるぐると考えが続いて、
苦しくなって、落ち込みます。

「自分はダメだ」
「価値のない人間だ」

などと、思いはじめたらもう赤信号。

 

こうやって私たちはうつになっていきます。

こうならないために、
最初の「疲れ」の時点で、
休むことが大切なのです。

 

②休んでもなんとかなる

2つ目の休むべき理由は、
仕事は休んでもなんとかなる
ということ。

 

休めない人は、とても責任感が強い人です。

自分がやらなければ
きっちり、やりとげなければ

と頑張っていらしゃるのでしょう。

 

あるいは、周囲の人を気にして休めない、
という場合もあるかもしれません。

迷惑をかけたくない
悪く思われたくない

ということもありますよね。

 

でも大丈夫。
なんとかなりますよ。

多少は仕事の質が落ちるかもしれませんし
多少は迷惑をかけるかもしれませんが

それでも、なんとかなります。

 

ウソだと思うなら、
一回ためしに休んでみてください。

きっと、なんとかなります。

 

それで万が一、うまくいかない時は、
私に直接、相談してください。

うまくいく方法を一緒に考えましょう。

メールカウンセリング1週間 3000円

*1週間の間であれば、何度でも相談のメールを送ることができます。
*カウンセラーの返信は、最後の相談メールから24時間以内に、まとめてお送りいたします。

お名前:
メール:

 

③休むことも、仕事のひとつ

休むべき最後の理由は、
休むことが仕事だからです。

【この続きは、こちらからどうぞ】


臨床心理士の心理カウンセリング

大切なことを相談する方法。メールカウンセリング。

手軽に無料相談。こころの質問箱。



お知らせ

初めての方へ

相談の流れ

カウンセラーの紹介


おすすめ記事セレクション

1.悩みから抜け出す方法【メタ認知】

2.うつ病と、落ち込むことの違い

3.アドラー心理学の記事まとめ


ツイッター・Facebookで最新記事を読む






《メールカウンセリングは、こちら》


kusa_mail
Pocket