統合失調症とは

統合失調症とは

Pocket

統合失調症とは、実在しないものが見えたり聞こえたりする「幻覚」、頭の中に浮かんだ考えを事実だと信じる「妄想」などが主な症状の病気です。

およそ100人に1人がかかる、一般的な病気なのです。

「何もかも分からならなくなる」「危険」などといった誤ったイメージがありますが、多くの部分は他の人と変わりませんし、多くの患者さんは回復していきます。

 

統合失調症の症状

統合失調症の症状は、幻覚や妄想など普通ではない体験をする陽性症状と、考えがまとまらなくなったり何もやる気が起きなくなったりなど生活に支障がでる陰性症状の2つがあります。

幻覚・妄想(陽性症状)

幻覚とは、実際に存在しないものが見えたり聞こえたりする症状です。
笑い声が聞こえたり、自分を馬鹿にするような声が聞こえたりするのです。

妄想とは、頭の中に浮かんだ考えを真実だと思い込んでしまう症状です。

「宇宙人が自分を連れ去ろうとしている」
「頭の中にセンサーが埋め込まれて、考えが盗まれている」

などなど、周囲から見ると変に思える考えを、真実だと思い込むのです。

生活の支障(陰性症状)

陰性症状とは、行動や感情、意欲など生活全般に影響する症状です。
以下のような症状があります。

・考えがまとまらなくなる。
・会話をしていても、急に話が飛んだり、相手の言いたい事を理解出来ない。
・作業がうまく出来ない。

・感情がわかない
・相手の表情について理解できない。誤解する。

・やる気が起きない。
・お風呂などにも入る気になれない。
・無口になり、人に会いたくなくなる。

幻覚のように明らかに異常な体験ではないので、周囲の人からは理解されにくいのですが、実はとてもつらい症状なのです。

 

統合失調症の治療

統合失調症の治療は「お薬による治療」が基本です。

症状がある程度落ち着いてからは、幻覚や妄想を感じた時にどう対処するかをカウンセリングで話しあったりすることも効果があります。

また統合失調症は、家族の理解やサポートがとても重要な病気です。
家族が病気をどう理解して対応するかを知るために、家族の方がカウンセリングにいらっしゃることも効果的なのです。

 

←目次へ


臨床心理士の心理カウンセリング

大切なことを相談する方法。メールカウンセリング。

手軽に無料相談。こころの質問箱。



お知らせ

初めての方へ

相談の流れ

カウンセラーの紹介


おすすめ記事セレクション

1.悩みから抜け出す方法【メタ認知】

2.うつ病と、落ち込むことの違い

3.アドラー心理学の記事まとめ


ツイッター・Facebookで最新記事を読む






《メールカウンセリングは、こちら》


kusa_mail
Pocket