ご質問「重い仕事で毎日が苦痛です。心を強く持つ秘訣を知りたいです。」

ご質問「重い仕事で毎日が苦痛です。心を強く持つ秘訣を知りたいです。」

Pocket

こんにちは。臨床心理士の高橋です。

臨床心理士が無料でご質問にお答えする
こころの質問箱

今回は「心を強く持つ秘訣」
についてのご質問にお答えします。

ご質問

こんにちは。
初めて質問させていただきます。

大変重い仕事を任され
2年が経とうとしています。

具体的には
超不採算プロジェクトの営業です。

毎日精神安定剤を3錠飲みながら
やっとの毎日です。

たくさんの不安を
受け入れでいるつもりですが、
毎日が苦痛です。

子供達の為に、
辞める訳にいかないのですが、
まだまだ解決は遠いので、
心を強く持つ秘訣を知りたいです。

よろしくお願い致します。

臨床心理士の回答

ご質問ありがとうございます。

超不採算プロジェクトの営業を
2年も続けていらっしゃるのですね。

とても大変なお仕事のようですが、
それでも毎日続けていらっしゃるのは、
本当によくやられていますよね。

 

「たくさんの不安を受け入れている」
ということでしたが、
どのような気持ちを作って、
毎日を過ごしていらっしゃるのでしょうか。

ご自身がすでにやられていることの中に、
もう答えがあるように思いますよ。

「心を強く持つ秘訣を知りたい」
ということでしたが、
そんな状況でも
2年もめげずにやってこれているのですから
あなたの心はもう十分に強いです。

 

それにプラスをして
今以上に毎日を乗り越えやすくするコツを
一つお伝えするとすれば、

今の行動をやられている時に
ご自身の中ですでに思われている心を
実際の言葉にして、行動する時に
心の中で呟くようにしてください。

 

例えば
苦痛だけど、やれるだけのことはやってみるか
ともし思ってやっているのであれば、

「苦痛だけど、
 やれるだけのことはやってみるか」

と心の中でしっかりと言葉にして思うのです。

 

思えない心を無理に思う必要はありません。

すでに思えている心を
しっかりと自覚するのです。

 

そうすると
「思い」と「行動」が一致することで
ストレスが緩和して
苦痛は軽減されるようになります。

 

それでももし苦痛が続くようでしたら
個別のメールカウンセリング

ご相談ください。

個別にじっくりと話をすることで、
ご自身の気持ちを整理できて
今以上に楽に取り組むことができますよ。

臨床心理士 高橋雄太


臨床心理士の心理カウンセリング

大切なことを相談する方法。メールカウンセリング。

手軽に無料相談。こころの質問箱。



お知らせ

初めての方へ

相談の流れ

カウンセラーの紹介


おすすめ記事セレクション

1.悩みから抜け出す方法【メタ認知】

2.うつ病と、落ち込むことの違い

3.アドラー心理学の記事まとめ


ツイッター・Facebookで最新記事を読む






《メールカウンセリングは、こちら》


kusa_mail
Pocket