悩みを整理する強力な方法:問題を1つずつ切り分ける

悩みを整理する強力な方法:問題を1つずつ切り分ける

Pocket

悩めば悩むほど、混乱してしまうことはありませんか?

その悩み、絡まった糸のようになっているのかもしれません。

絡み合った悩み

1つの悩みについて考えていたはずなのに、次々と新しい問題が浮かんできて、どうしたら良いか分からなくなることがあります。

 

例えば、次のような悩み。

仕事を続けるか転職するか迷うなぁ、今の職場は残業が長いし何よりも人間関係が辛い。なんでこんなにキツく当たられなくちゃならないんだろう、なにか悪いことでもしたのかな。でも転職なんて上手く行くのかな。自分なんて雇ってくれる場所があるだろうか。5年もここで仕事をしてきたけど、何か身についたものはあったのかな。こんなんじゃ、転職活動の面接でなんて言ったらいいか分からないよ。。困ったなぁ。

 

一言で言えば「仕事の悩み」ですが、その中には色々な悩みが絡み合っています

悩めば悩むほど、問題はこんがらがって、このままでは一向に解決しそうにありませんね。

 

問題の切り分け

そんなときは問題を1つずつ切り分けてみると良いです。

もちろん一つ一つの問題は、それぞれ関係しあっているかもしれません。

それでもその関係はひとまず置いておいて、まずは問題を出来るだけ細かく切り分けてみてください。切り分けることで新しい気付きが得れるかもしれません。

 

切り分ける方法

問題を切り分けるための具体的な方法は、問題を書き出してみることです。

頭の中だけで問題を切り分けることはとても難しいこと。メモやパソコンを用意して、今の悩みを書き出してみましょう。

書き出したら、それを見て、もうこれ以上分けられないというくらいまで、短い文章で箇条書きにしてみてください。

 

先ほどの例を、切り分けてみましょう。

・仕事を続けるか迷う
・転職するか迷う
・残業が長い
・人間関係が辛い
・なぜキツく当たられるのか
・転職は上手くいくか
・雇ってくれる所があるか
・5年働いて何が身についたか
・転職活動の面接でどう話すか

さっきの長い文章よりも、だいぶスッキリしましたね。

このように、悩みを一つずつ切り分けて箇条書きにしてみることで、問題が整理されるのです。

※追記)問題の切り分けが出来たら、次は順位づけもやってみましょう

 

困ったときは相談を

ここらぼ心理相談では、臨床心理士によるメールカウンセリングを受けることができます。
自分でやってみたけれども上手くいかない時には、メールカウンセリングをご利用ください。

臨床心理士の心理カウンセリング

大切なことを相談する方法。メールカウンセリング。

手軽に無料相談。こころの質問箱。



お知らせ

初めての方へ

相談の流れ

カウンセラーの紹介


おすすめ記事セレクション

1.悩みから抜け出す方法【メタ認知】

2.うつ病と、落ち込むことの違い

3.アドラー心理学の記事まとめ


ツイッター・Facebookで最新記事を読む






《メールカウンセリングは、こちら》


kusa_mail

Pocket