悩みを整理する1つのコツ:点数で順位づけ

悩みを整理する1つのコツ:点数で順位づけ

Pocket

いろいろな問題があると、それだけで混乱しませんか?

例えば、こんな感じ・・・

問題Aに悩んでいるうちに、問題Bが出てきて、
問題Bについて考えてみたら、今度は問題Cが出てきて、
仕方がないから問題Cもなんとかしようとしたら、さらに・・・

こんな具合に、問題ばかり増えて何一つ解決しないということは珍しくありません。

clerk-18915_640

 

順位づけ

そんな時は、順位づけをしましょう。
問題を解決する優先順位を立てるのです。

そう言われると、当たり前のように思うかもしれません。
でも悩んでいる時って、順位づけすらやっていない場合が多いのです。

今悩んでいること、どのくらいの順位か意識しているでしょうか??

pay-598853_640

順位づけのオススメの方法

順位づけのオススメの方法は、悩みに点数をつけていくことです。

「優先順位をつける」と聞くと、1つずつ比較して、1位・2位・3位・・・と決めるという方法を思いつくかもしれませんが、これは全くおすすめしません

なぜなら、問題が3つくらいならまだ余裕かもしれませんが、10個とか20個になると1つずつ比較するだけでも、すごーく大変だからです。

なのでその悩みが優先順位的には何点なのか、とにかく片っ端から点数をつけてみることをおすすめします。点数がかぶったりしても全然OK、それは後から考えれば大丈夫です。

例えば次のような感じです。

・80点:仕事を続けるか迷う
・80点:転職するか迷う
・60点:残業が長い
・80点:人間関係が辛い
・70点:なぜキツく当たられるのか
・50点:転職は上手くいくか
・50点:雇ってくれる所があるか
・30点:5年働いて何が身についたか
・30点:転職活動の面接でどう話すか

これは「転職するかどうか迷っている人」の悩みです。

転職の不安や、自分のキャリアについてもいろいろと悩んでいるのですが、点数をつけてみたら、優先順位が高いものがかなり絞られました

・80点:仕事を続けるか迷う
・80点:転職するか迷う
・80点:人間関係が辛い

上の2つは同じ悩みなので、つまり「転職について考えるか」「人間関係について考えるか」の2択です。ここまで絞れれば、あとは自分がどちらの問題について考えたいか、選ぶのはそんなに難しいことではありませんよね。

つまり、順位づけは1番目だけ選び出せれば良いのです。
人間同時に取り組める事は、常に1つしかありません。

目の前にある問題にとびつくのではなくて、今取り組むべきことを1つづつやっていけば、着実に解決に向かっていきます。

 

困ったときは相談を

ここらぼ心理相談では、臨床心理士によるメールカウンセリングを受けることができます。
自分でやってみたけれども上手くいかない時には、メールカウンセリングをご利用ください。

臨床心理士の心理カウンセリング

大切なことを相談する方法。メールカウンセリング。

手軽に無料相談。こころの質問箱。



お知らせ

初めての方へ

相談の流れ

カウンセラーの紹介


おすすめ記事セレクション

1.悩みから抜け出す方法【メタ認知】

2.うつ病と、落ち込むことの違い

3.アドラー心理学の記事まとめ


ツイッター・Facebookで最新記事を読む






《メールカウンセリングは、こちら》


kusa_mail

Pocket