悩みの整理。悩み分析シート。

悩みの整理。悩み分析シート。

Pocket

その悩み、うまく整理できていないのかも。。

この悩み分析シートでは、あなたの悩みを『過去』『今』『未来』の3つの視点から分析して整理します。

整理してみると、考えがスッキリしたり、気付かなかった解決の糸口が見つかるかもしれません。

このワークが終わる頃には、次のような図が完成します。

過去の原因
子どもの頃から運動が苦手
悩み
ダイエットが続かない

今の理由
つい食べてしまう

未来の目的
つらい事を避けたい

①悩みを書く

まずは検討したい悩みを書いてみましょう。
気になっていること、困っていることなど、どんなことでもOKです。
どう書くか迷う時は、とりあえず思いついたものを書いてみて、それから検討すると良いかもしれません。

例:ダイエットが続かない

悩み



書いたら↑の入力ボタンを押してみてください。
正しく入力出来たのなら、下の図に悩みが入力されます。

過去
悩み

現在

未来

②過去を分析する

悩みの「過去」…つまり、何が『原因』でそうなったのか?を書いてみましょう。
結果には必ず原因があります。原因に想いを巡らせてみましょう。
 
「こうかも」という予想でもいいですし、わからない時は「わからない」でも良いですよ。

例:ダイエットが上手くいかない原因→「子どもの時から運動が嫌い」

過去の原因



過去の原因
悩み

現在

未来

③今を分析する

悩みの「今」…つまり、その悩みが現在解決できない「理由」を書いてみましょう。
解決することを邪魔している何かがあるかもしれませんし、ついつい悩みが続いてしまうちょっとした理由があるかもしれません。

例:ダイエットが上手くいかない理由→「ついお菓子を食べてしまう」

今の理由



過去の原因
悩み

現在の理由

未来

④未来を分析する

悩みの「未来」…つまり、その悩みの「目的」を書いてみましょう。
これは慣れない考え方かもしれませんが、「何のためにその悩みがあるのか?」とちょっと考えてみましょう。

例:ダイエットが上手く行かない目的→「辛いことを避けるため」

未来の目的



過去の原因
悩み

現在の理由

未来の目的

お疲れ様でした!
これで、あなたの『悩み分析シート』が完成しました!

あらためてもう一度完成した悩み分析シートを眺めてみましょう。

図にしてみてみると、心の中で悩んでいる時よりも多くの気づきが得られやすくなるのです。

過去の原因
悩み

現在の理由

未来の目的

いかがでしょうか。

悩みが整理できたり、新しく気づいた事があったでしょうか。

悩みを整理できると、解決しやすくなります。
心の整理、特に今回のように書き出してみることは、とても良い対処方法なのです。

臨床心理士の心理カウンセリング

大切なことを相談する方法。メールカウンセリング。

手軽に無料相談。こころの質問箱。



お知らせ

初めての方へ

相談の流れ

カウンセラーの紹介


おすすめ記事セレクション

1.悩みから抜け出す方法【メタ認知】

2.うつ病と、落ち込むことの違い

3.アドラー心理学の記事まとめ


ツイッター・Facebookで最新記事を読む






《メールカウンセリングは、こちら》


kusa_mail

Pocket