義理の両親への文句をこらえる方法はないでしょうか?

義理の両親への文句をこらえる方法はないでしょうか?

Pocket

こんにちは。臨床心理士の高橋です。

心の質問箱に届いたご質問に、お答えいたします。

「金銭援助を求めてくる夫の両親への文句を、なんとかこらえる方法はないのか…」という内容のご質問です。

ご質問

義理両親への金銭援助

はじめまして、主人の実家に対する住宅ローン援助に関してかなりヤキモキしています。

私は、結婚してから、主人が実家の住宅ローンの連帯保証人になっていることを知らされました。そして、毎月10万もの借金返済に付き合っている事実を知りました。

結婚して、これからの新生活を楽しみにしていた矢先でしたので、かなりショックでした。

また、私の実家問題が落ち着いたタイミング(長期間入院の母親が退院)を見計らって結婚に踏み切ったにも関わらず、主人の実家は問題山積。

主人は、直ぐに子どもも欲しい、実家に仕送りも続ける、とかなり甘い考えを持っていました。

何とか、義理実家を説得し、15年近く残るローンを完済できる額で売りに出すまで進みました。しかし、中古住宅は難しいものでなかなか売れません。

おまけに、義理両親は、会う度に嫁の前で早く今月のお金入れて欲しいとせびる始末。

感謝の態度や、若い嫁にようやく結婚してもらえたという気持ちが全く感じられず、入籍半年で義理両親と疎遠になる決意をしました。

主人と義理実家の話になるといつも文句ばかり言ってしまいます。

どんな義理親であっても文句は言っちゃいけないと分かっていても、普通、まだ人生長い子供にローンを負担させて、当たり前のように金を持って行く親なんておかしい、等々言ってしまいます。

なんとか義理両親に対する文句をこらえて、見守る方法はないでしょうか。

臨床心理士の回答

はじめまして、臨床心理士の高橋です。

ご質問の内容、読ませていただきました。

 

結婚をしてから、住宅ローンの連帯保証人になっていることを知らされたことや、お金に対する義理のご両親の態度に、文句をいってしまうのですね。

毎月10万円というのは、確かにかなりの額ですよね。

ご結婚される前はどういった経緯で、実家の住宅ローンを支払うことになっていたのでしょうか?

 

ご主人は結婚に対して甘い考えをお持ちだったのですね。

けれどもご質問者さんは、そういったご主人の考えを正して、義理のご両親も説得して、住宅ローンを完済する手順を整えたのですね。

実際に売れるまでには少し時間がかかるかもしれませんが、無理な負債を現実的な形に整えることができたことは、とても素晴らしいことなのではないかと私は思うのですが、いかがでしょうか。

ご主人も、義理のご両親も、きっと助かっておられるのではないでしょうか。

 

「なんとか文句をこらえる方法はないか」ということでしたが、
ご質問者さんの文句(というかご指摘)は的確で、ご主人のご実家の問題をきれいに解決されているわけですから、文句をこらえる必要はなく、むしろ今まで通り文句を言った方が、ご主人のご実家のためにはなるのではないか、と私は個人的には思います。

 

文句を言うことで、何か問題が起こるならそれはなんとかしなければならないかもしれませんが、今の所、文句を言うことでいい方向に進んでいらっしゃいますよね。

 

臨床心理学では、こういった一見すると悪そうだけれども、全体的に考えると良い方向に進んでいることは、むしろどんどん行いなさい、という考え方があります。

なので自信をもって、文句を言いつづけてみてはどうでしょうか。

 

それでまた何か他の問題が出てくるようでしたら、その時はまた詳しく個別のメールカウンセリングでご相談くださいね。

臨床心理士 高橋雄太


臨床心理士の心理カウンセリング

大切なことを相談する方法。メールカウンセリング。

手軽に無料相談。こころの質問箱。



お知らせ

初めての方へ

相談の流れ

カウンセラーの紹介


おすすめ記事セレクション

1.悩みから抜け出す方法【メタ認知】

2.うつ病と、落ち込むことの違い

3.アドラー心理学の記事まとめ


ツイッター・Facebookで最新記事を読む






《メールカウンセリングは、こちら》


kusa_mail
Pocket