1. メールカウンセリングの方法

メールカウンセリングの方法

rawpixel / Pixabay

カウンセリングの方法

当サイトのメールカウンセリングは、
心の専門家 臨床心理士による
専門的な心理援助方法
によって行います。

具体的には、
主に以下の理論を組み合わせて、
一人ひとりのお悩みに合わせたカウンセリング
を行っております。

*実際のカウンセリングは、ごく一般的な分かりやすい言葉で行っていますので、以下の理論をご覧にならなくても、ご相談いただけます。(ご相談はこちら)

体験的対話療法

人の心の中には、
勝手に浮かんできてしまって
消そうと思っても消せない、
変えようと思っても変えれない
「思ってしまう思い(一次意識)」
というものがあります。

一方で、色々な思いがありながらも
「こう思ってみるか」
と自らの意図で思ってみることができる
「つくる思い(二次意識)」
というものも、あります。

 

こういった、心の中のさまざまな思いを、
カウンセラーとの対話を通して
確認し、自覚し、検討し、体験しながら
より良い在り方に気づいていく方法が

体験的対話療法

です。

 

解決志向アプローチ

何か問題が発生すると、
その原因を突き止めて、
それをなんとかしようとすることが
一般的な解決プロセスですが、

解決志向アプローチでは、
「原因は何か?」よりも
「解決は何か?」に目を向けます。

そして、

「出来ないこと」「難しいこと」
に目を向ける代わりに、

「少しでも出来ること」「やりやすいこと」
に目を向けて、

自分自身がすでにもっている
解決に向かうための資源(リソース)
に気づき、

それを使うことで
自分なりの解決をしていく方法が

解決志向アプローチ

です。

 

その他の理論

その他にも、

・認知行動療法
・クライエント中心療法
・システムアプローチ
・アドラー心理学

などの、
心理療法の理論を取り入れて

ご相談される方にあわせた
オーダメイドのカウンセリング
を行っております。

 

メールカウンセリングについて