恐怖を克服する方法②【段階的曝露法】

恐怖を克服する方法②【段階的曝露法】

Pocket

前回は私たちが恐怖を感じるメカニズムについてお伝えしました。

今回は、恐怖を克服する方法をお伝えします。

前回少しお伝えした、段階的曝露法という方法です。

stairs-1013993_640

 

”恐怖は慣れることで克服できる”ということは前回お伝えしましたね。
その”恐怖に慣れる”ということを、やり易くした方法が『段階的曝露法』です。

具体的には「怖いと思っていたけども大丈夫だった」という経験を繰り返し体験することで恐怖に慣れる方法です。

 

段階的曝露法の具体例

例えば、学校が怖い人の段階的曝露法はこんな風に行います。

まずは学校の中で怖いけどなんとか頑張れば行けそうなところを目標にします。もしなんとか行けそうな場所が校門ならば、校門前まで。
校門の前まで行ければOKで、その先までは行きません。

それを何回か繰り返して行います。

そうすると、初めは校門の前まで行くことは怖いのですが、何度も繰り返すことでだんだん平気になって、校門くらいなら普通にいけるようになります。

 

そしたら今度は、校門よりもちょっと中に入って下駄箱の前までいきます。下駄箱も初めは怖くて、なんとかギリギリ行けるという感じなのですが、それも何度か繰り返すとだんだん平気になっていきます。

そこに慣れたら、今度は保健室。

保健室に慣れたら、今度は教室。

N866_haikounogetabako-thumb-1000xauto-14768

 

…という具合に、少しずつ、少しずつ、怖いと思う場面に自分自身をさらして恐怖に慣れていくのです。

少しずつ行うので「段階的」で、怖いと思う場面に自分をさらすので「曝露法」と言います。

 

そうやって、少しずつ怖いと思っている場面に自分をさらすと、前回お伝えしたように「本当は危険はない」ということを体が学習し直してくれます

そうやって、少しずつ恐怖を克服することができるのです。

 

まず初めはリスト化から

この段階的曝露法を行うためには、自分がどのような場面でどのくらい恐怖を感じるのか、ということを明確にする必要があります。

そのためにまずは「階層表」というリストを作ります。

次回は、この「階層表」の作り方についてお伝えしますね。

 

困ったときは相談を

ここらぼ心理相談では、臨床心理士によるメールカウンセリングを受けることができます。
自分でやってみたけれども上手くいかない時には、メールカウンセリングをご利用ください。


臨床心理士の心理カウンセリング

大切なことを相談する方法。メールカウンセリング。

手軽に無料相談。こころの質問箱。



お知らせ

初めての方へ

相談の流れ

カウンセラーの紹介


おすすめ記事セレクション

1.悩みから抜け出す方法【メタ認知】

2.うつ病と、落ち込むことの違い

3.アドラー心理学の記事まとめ


ツイッター・Facebookで最新記事を読む






《メールカウンセリングは、こちら》


kusa_mail
Pocket