震災直後の心のケア(熊本地震)

Pocket

おとといの夜、熊本で大きな地震がありました。

現在もまだ余震が続いており、現地で暮らしている方は、不安な思いをしていらっしゃると思います。また、避難をされている方もたくさんいらっしゃると、報道でうかがっています。

震災直後の心のケア

この記事では、震災直後の心のケアについてお伝えいたします。

参考にしていただければ幸いです。

震災後のストレス反応は、自然なもの

大きな地震というショックなことが起こると、私たちは様々な変化を経験します。

例えば、

  • 食欲がなく、何もする気が起きなくなる
  • 表情が少なくなる。ぼーっとする
  • 逆に、気持ちが高まる。ハイテンションになる
  • 夜眠れなくなる
  • 急に思い出して辛くなる

…などです。

このような変化は、「急性ストレス反応」と言うものですが、
この反応が現れることは、とても健康的で自然なことです。

私たち人間は、大人でも子どもでも、ショックな出来事を経験すると、このような反応をして、自分自身を守ろうとします。

普段とは違うことですので、驚いてしてしまうかもしれませんが、無理になんとかしようとしなくても大丈夫です。

数日すれば、しだいに落ち着いてきます。

安全・安心の確保が、最大の心のケア

震災直後は、安心・安全の確保が、最大の心のケアになります。

避難をしたり、ライフラインを確保したり、余震の対策をしたり…と、身の回りの安全を確保することを最優先にしましょう。

(余震がしばらくは続きますので、半壊した建物には近づかないでください)

そうしているうちに、しだいに気持ちも落ち着いていきます。

一刻も早く、安全で安心した生活に戻れることを、心からお祈りしています。


臨床心理士の心理カウンセリング

大切なことを相談する方法。メールカウンセリング。

手軽に無料相談。こころの質問箱。


お知らせ

初めての方へ

相談の流れ

カウンセラーの紹介


おすすめ記事セレクション

1.悩みから抜け出す方法【メタ認知】

2.うつ病と、落ち込むことの違い

3.アドラー心理学の記事まとめ


ツイッター・Facebookで最新記事を読む






《メールカウンセリングは、こちら》


kusa_mail

Pocket