質問「もう希望も期待も夢もっていません。何のために生きてるのでしょう」

質問「もう希望も期待も夢もっていません。何のために生きてるのでしょう」

Pocket

こんにちは。臨床心理士の高橋です。

こころの質問箱』に質問が届きましたので、お答えしますね。

ご質問

毎日落ち込んでしまいます
色々考えてしまいます。

もう希望も期待も夢もっていません
持つことにもつかれました

働くことしかすることがないので
働きます。
誰かと話すのも疲れたり避けたりしてしまいます
友達なんているのかなってくらい。

いくら頑張ってもフルで働いても
家にいれて
自分が使えるお金なんて少ない

働いてからずーとこうでなにもかわらず。

何のために生きてるのでしょう
悲しむ為?

 

毎日落ち込んでしまって、希望も期待も持つことに疲れてしまったのですね。

今回のご質問からははっきりと読み取れなかったのですが、そう言った気持ちになるご事情が、何かおありなのでしょうか。

 

もし理由もなく落ち込んでいる状態が2週間以上続いているなら、それは「うつ病」の可能性があるかもしれません。

参考:うつ病と落ち込むことの違い

上記の記事を読んで当てはまる場合は、一度、近くの精神科に受診してみることをお勧めします。

きっと、あなたの力になってくれますよ。

あるいは、そうではなくて、期待や希望を持つことに疲れるような、もう何もかも嫌になってしまうような事情があるのだとしたら、今はそのことをご自身の中で消化する時期なのかもしれません。

本当に困難なことに出会った時、
私たちの心は傷ついて、
何一つ希望を持てない気持ちになりますが、

それでも、いつか必ず、次へ進める時がきます。

 

今はそのための準備期間と思ってみると、良いかもしれません。

 

もし具体的なことを相談したい時には、メールカウンセリングをご利用ください。

秘密の守られた環境で、今悩んでいらっしゃることについて、一緒に考えることができますよ。

臨床心理士 高橋雄太


臨床心理士の心理カウンセリング

大切なことを相談する方法。メールカウンセリング。

手軽に無料相談。こころの質問箱。



お知らせ

初めての方へ

相談の流れ

カウンセラーの紹介


おすすめ記事セレクション

1.悩みから抜け出す方法【メタ認知】

2.うつ病と、落ち込むことの違い

3.アドラー心理学の記事まとめ


ツイッター・Facebookで最新記事を読む






《メールカウンセリングは、こちら》


kusa_mail
Pocket