依頼応答型カウンセリング

Pocket

こんにちは。臨床心理士の高橋です。

これから、何回かに分けて、ここらぼ心理相談で行っているカウンセリングの方法を、紹介いたします。

カウンセリングを受けようか迷っている時の、参考にしていただければ幸いです。

ここらぼ心理相談では
「依頼応答型カウンセリング」
を行っております。

カウンセリングのお申し込みはこちら

 

「依頼に応える」ということ

ここらぼ心理相談の、カウンセリングでは、
ご自身が悩んでいることや、困っていること…
すなわち、相談した方の「依頼」を大切にします。

 

例えば、

「落ち込んで辛い」のであれば、
それに応えて
「落ち込んで辛い」ことについて一緒に検討しますし

「どうしたらいいかわからない」のであれば、
それに応えて
「どうしたらいいかわからない」ことについて一緒に検討します

 

検討していく中で、場合によっては、
「心理学的には、こう言えるかもしれませんね」
とお伝えして、ご自身の抱えていることへの理解を深めるていただく場合もあります。

 

その状況で、どうなりたいのか

そうやって、
悩んでいること、困っていることが整理されたら、

次に、その状況の中で
「自分自身はどうなりたいのか」
ということを、探していきます。

 

多くの場合は、
悩んでいること自体に目が向いていて、
「どうなりたいのか」ということに目が向きにくいのが自然です。

 

一つ具体例を挙げると、
「落ち込んで、辛い」
という悩みに目が向いている状態から、

「楽な気持ちになりたい」
「やりたいことを、やれるようになりたい」
などの「解決像」が明確になるように、一緒に検討します。

そのために、どうするのか

「どうなりたいのか」という解決像が明らかになったら、

次は「そうなる」ための方法を、一緒に検討します。

 

ここでも場合によっては
「心理学的には、こうすると上手くかもしれません」
ということを、お伝えする場合もあります。

 

そうやって検討を重ねてみることで
相談しているご自身が「こうしてみるか」と思えることを、一緒に探していきます。

 

やってみて、どうだったか

「どうするか」が明確になって、
それを実際にやってみると、
上手くいくかもしれないし、上手くいかないかもしれません。

悩みを解決する方法というものは、
決まった方法がありません。

 

なぜなら、その悩みはこの世にたった一つしかない、あなただけの悩みだからです。

あなただけの悩みには、あなただけの解決方法を探す必要があります。

カウンセラーが決まった解決方法を持っているわけではなくて、
あなたにあった方法を、カウンセリングで一緒に探していくのです。

 

大切な事は、上手くいかなかった時に、
「次はどうするか?」
と検討することです。

そうやって一緒に検討していくことで、少しずつですが、いい方向に進んでいきます。

 

依頼応答型カウンセリング

このように「依頼応答型カウンセリング」は、
常に、相談する方の「依頼」を中心にカウンセリングを進めていきます。

カウンセリングの技法は、いろいろとありますが、
「依頼応答型カウンセリング」では、それらのカウンセリング技法は、「依頼」を達成するための「道具」でしかないと考えています。

技法が先にあるのではなくて、依頼が先にある。 
その依頼のために、その依頼にあった技法を選択する。

という考えのもとにカウンセリングを行っています。

 

ここらぼ心理相談では、この「依頼応答型カウンセリング」を行っています。

カウンセリングのお申し込みはこちら


臨床心理士の心理カウンセリング

大切なことを相談する方法。メールカウンセリング。

手軽に無料相談。こころの質問箱。



お知らせ

初めての方へ

相談の流れ

カウンセラーの紹介


おすすめ記事セレクション

1.悩みから抜け出す方法【メタ認知】

2.うつ病と、落ち込むことの違い

3.アドラー心理学の記事まとめ


ツイッター・Facebookで最新記事を読む






《メールカウンセリングは、こちら》


kusa_mail
Pocket