ご質問「発達障害が原因で性別に違和感を持つことはあるでしょうか?」

ご質問「発達障害が原因で性別に違和感を持つことはあるでしょうか?」

Pocket

こんにちは。
臨床心理士の高橋です。

こころの質問箱にご質問が届きましたので、
お答えいたします。

今回は、
性別違和と発達障害について
のご質問です。

 

 

ご質問:

息子(中学生不登校中)が、性別に違和感があから精神科を受診したいと希望したので、精神科児童精神科を受診しました。

その病院では、発達障害によるこだわりが原因だと診断をうけました。

本人は性別違和というよりも、性格のでこぼこが原因だと診断を聞き、ショックをうけて落ち込んでいます。

このように、発達障害が原因で性別に違和感を持つことはありますでしょうか。

 

臨床心理士の回答:

ご質問ありがとうございます。

息子さんのために、児童精神科を受診されたのですね。

 

確かに、発達障害のこだわりの場合、
そのこだわりから外れると、強い違和感を感じることがあります。

そのこだわりが、性別に関連することであれば、
「性別に違和感を持っている」と感じるかもしれません。

 

 

ただし、重要なことは、診断名が何かではありません。

その原因が発達障害だったとしても、
性別に違和感を感じていて、苦しんでいることに違いはないのですから、

その苦しみを理解して、
それに対処する方法を見つけていくことが大切なことです。

発達障害であっても、性別違和であっても、
今の悩んでいることが、少しでもよい方向に行けば、
それに越したことはないのではないでしょうか。

 

もし今回の受診で、
その対処についてお話しがなかったようであれば、
次回再診した時に、ぜひ主治医に聞いてみてください。

 

もちろん当サイトのメールカウンセリングでも、
息子さんの性別の違和感についてや、
悩んでいる息子さんにどのように接するのかについて
ご相談していただくこともできます。

具体的にどういった事に違和感を感じており、
どんな点が「こだわり」と言われたのかを、
詳しく教えていただけると、一緒に考えることができますよ。

よろしければ、個別のメールカウンセリングをご利用くださいね。

 

また中学生で不登校中という事でしたが、
中学校のスクールカウンセラーにはご相談されているでしょうか?

スクールカウンセラーも心理学の専門家で、
親だけでも相談することができますので、
そちらにも相談されると良いかもしれません。

 

児童精神科を受診した選択は、決して間違ったものではありませんので、
自信を持って、息子さんのために、ご相談を続けてくださいね。

臨床心理士 高橋雄太


臨床心理士の心理カウンセリング

大切なことを相談する4日間。メールカウンセリング。

手軽に無料相談。こころの質問箱。



お知らせ

初めての方へ

相談の流れ

カウンセラーの紹介


おすすめ記事セレクション

1.悩みから抜け出す方法【メタ認知】

2.うつ病と、落ち込むことの違い

3.アドラー心理学の記事まとめ


ツイッター・Facebookで最新記事を読む






《メールカウンセリングは、こちら》


kusa_mail
Pocket