江ノ島観光でおさえておきたい3つのコツ

江ノ島観光でおさえておきたい3つのコツ

Pocket

こんにちは。臨床心理士あらためブロガーの高橋です。

先週末に江ノ島に行ってきました。

サクッと行けて、割と楽しめるのでいいですよねー、江ノ島。

そんな江ノ島観光の時に、おきたいポイントをまとめておいきますね。


 

生しらす食べたいなら事前に電話で確認すべし

江ノ島は、「生しらす」が有名ですね。

この間も、生しらす丼を、食べてきました。

これ。

生しらすドーン

@yuta_cocolaboが投稿した写真 –

でも、この生しらす、常にあるとは限らないのです。

漁の状況によっては、「生しらすの入荷がない」なんてことも。

わたしも、前回はたべれましたが、その前フラーッといったときは、食べれませんでした。

なので、生しらす狙いで行く人は必ずお店に確認するようにしましょう。

電話すると、教えてくれますよ〜。

 

午前中に行く

混んでいない時に観光したいなら、午前中に行くに限ります。

なぜかは知りませんが、お昼以降に江ノ島観光をセッティングする観光客が多いらしいんですね。

だいたいお昼からまりくらいから激混みしてきます。

なので午前中から江ノ島に行って、少し早めのお昼を食べて帰ると、あまり混んでいなくていいですよ。

私も、前回は11時ごろに行ったら、まだマシな混み具合でした、もっと早いともっと空いているはず。

13時ごろには、江ノ島を脱出したのですが、その時には江ノ島へ押し寄せてくる人の波がやばかったですね…。

人混み苦手な人は気をつけて!

江ノ島は、午前中にサクッと行くのがオススメです!

 

混んでるお店はスルーする

これも混んでる対策ですが、混んでいるお店はスルーすると良いでしょう。

飲食店だけでも、割とお店が多いので、ちょっと歩いてみると空いているお店が見つけられますよ。

私もこの間は、とりあえず「とびっちょ」へ行ったのですが、めちゃくちゃ並んでいたので、速攻スルーして、三軒となりの空いているお店に入りました。

それでもこんなに美味しい料理が食べれましたよ〜。

生しらすドーン

@yuta_cocolaboが投稿した写真 –

海鮮ものなので、そんなに味が変わるということもないと思いますし、値段も同じようなもんです。

なので、どうしてもこのお店で食べたい!という理由がないのであれば、混んでいるお店はスルーしてしまいましょう。

 

以上、江ノ島観光でおさえておきたい3つのコツでした〜。

臨床心理士の心理カウンセリング

大切なことを相談する方法。メールカウンセリング。

手軽に無料相談。こころの質問箱。



お知らせ

初めての方へ

相談の流れ

カウンセラーの紹介


おすすめ記事セレクション

1.悩みから抜け出す方法【メタ認知】

2.うつ病と、落ち込むことの違い

3.アドラー心理学の記事まとめ


ツイッター・Facebookで最新記事を読む






《メールカウンセリングは、こちら》


kusa_mail

Pocket