書評『読み書き障害のある子どもへのサポート』

書評『読み書き障害のある子どもへのサポート』

Pocket

読み書き障害のある子どもへのサポートQ&A」という本が、とても良い本だったので、紹介します。

タイトルの通り、書字障害、読字障害のLD(学習障害)について書かれた本です。

Q&A方式で書かれているのですが、要点が簡潔に書かれており、読み書き障害とそのサポートについて、さっと知れて便利です。

 

目次

目次はこんな感じです。

1.読み書き障害に関する基礎知識
2.読み書き障害の検査・評価
3.読み書き障害へのサポート方法
4.相談を受けてから支援までの具体的な事例
5.巻末資料(補助代替ツール、用語解説、ブックガイド)

 

Q&Aの例

Q&Aは例えばこんなもの

Q:読み書き障害の具体的な状態を、成長段階ごとに教えてください。
Q:読み書きの能力は、どのようにして調べますか?
Q:読み書き障害の子どもへのサポートは、「読めるようにする、書けるようにする」という方針でいいですか?
Q:漢字が書けません。書けるようにする指導方法はありますか?

 

筆者は、特別支援学校の教員

筆者は、特別支援学校で教育相談の仕事をしていた方のようで、分かりやすく書かれているものの、内容は専門的で、さらに詳しく知れる文献の紹介もしています

この本を、最初の手がかりにして、必要に応じてより詳しい文献を読むという使い方もできそうですね。

 

事例も

また、後半には小学生から高校生までの事例もあり、具体的な支援の流れや、その際に気をつけることも知ることができます。

 

わずか160ページの薄い本ですが、読み書き障害のサポートに必要な情報が網羅的に分かりやすく書かれていて、オススメですよ〜。

読み書き障害のある子どもへのサポートQ&A


臨床心理士の心理カウンセリング

大切なことを相談する方法。メールカウンセリング。

手軽に無料相談。こころの質問箱。



お知らせ

初めての方へ

相談の流れ

カウンセラーの紹介


おすすめ記事セレクション

1.悩みから抜け出す方法【メタ認知】

2.うつ病と、落ち込むことの違い

3.アドラー心理学の記事まとめ


ツイッター・Facebookで最新記事を読む






《メールカウンセリングは、こちら》


kusa_mail
Pocket